バンドルカード即日現金化のバレないやり方!デメリットと注意点

バンドルカード即日現金化のバレないやり方!デメリットと注意点

バンドルカード後払いで即日現金化とは、バンドルカードに後払いチャージを行い、そのチャージされた金額を現金化する方法です。

バンドルカードは、VISAプリペイドカードで、アプリで簡単に発行することができます。

バンドルカードには後払いチャージ機能「ポチっとチャージ」があり、審査に通過した人であれば最大5万円まで後払いでチャージすることができます。

バンドルカードはクレジットカードよりもリスクが少ないからこそ、利用価値があります。審査も不要だからこそ、ブラックでも安心して使えるサービスです。

では詳しく見ていきましょう。

目次

バンドルカード概要

公式サイト:https://app.vandle.jp/

クレジットカード必須
支払い方法コンビニ払い、セブン銀行ATM、ネット銀行、口座引き落としなど
タイプチャージ
決済サービスクレジット、QRコードなど
後払い利用上限額〜最大5万円
チャージ可能額最高10万円
手数料無料
支払い期日翌月末まで
本人確認必要
利用形態VISAのプリペイドカード

バンドルカードとは、アプリから作れるVisaプリペイドカードのことです。オンラインショッピング、実店舗などの買い物に使用可能です。

アプリをダウンロードし、使いたい分だけ現金をチャージすると、チャージ額の範囲内でVisaカードとして支払いに使用可能です。

バンドルカードはクレジットカードとは異なります。基本的に決まった金額をチャージしてから使用するプリペイドカード式です。

そのため使いすぎる心配がありません。

誰でも審査不要で発行ができるので、クレジットカードが発行できない未成年でもお買い物時には「クレジット払い」とした内容で便利に利用可能です。

バンドルカードのメリットとは

手元に現金がなくても、すぐに現金化できる

バンドルカードであと払いするには「ポチっとチャージ」という方法を用います。

これによりプリペイドカードですが「あと払い」が可能です。

審査、年齢制限なしで簡単に作ることができる!最短30分で現金化

年齢に関してはクレジットカードは「高校生を除く18歳以上」から作ることができます。

しかし、未成年には審査もゆるくありません。

バンドルカードの場合には、チャージ式であることからも審査は不要です。

こういった未成年にも心配はなく、スマホさえあれば年齢制限なしで手軽に作ることができます。

Visaブランドなので幅広く使える

バンドルカードは国内だけで使えるわけではなく、そのネームバリューにより海外のVisa加盟店でも使うことができます。

これは海外旅行に行きやすくもなり、ブランド価値も付帯して使い勝手がよくなるでしょう。

チャージ方法が9種類もある

ポチっとチャージをはじめ、コンビニ、クレジットカード、ドコモ払い、ネット銀行など9種類のチャージ方法があるので、いつでもすきな方法にて必要になる額をチャージして使えることはメリットです。

カード番号を盗み見されるリスク

バンドルカード表面には番号の記載がありません。

裏面に番号などが記載されているデザインで、実店舗でリアルカードを使って決済する際も番号を盗み見されるリスクは低いです。

バンドルカードのデメリットとは

未成年の場合は保護者の同意が必要

バンドルカードは審査不要ですし、年齢制限なしで発行できます。

しかし、未成年の場合には保護者の同意が必要不可欠です。

同意書の提出は不要ですが、規定に則ることになるため、隠れてつくるにはハードル高めです。

実店舗で使う場合はリアルカードが必要

バンドルカードはアプリをインストールすることで簡単に利用できます。

しかし、実店舗で使う場合には別途、リアルカードを発行する必要があります。

ポチっとチャージが承認されないことがある

バンドルカードのポチっとチャージはあと払いに対応しています。

しかし、必ず使えるわけではなく、承認されない場合もあります。

具体的には前月にチャージした金額をまだ支払っていない場合などです。

収支のバランスで利用しなければなりません。

一部の加盟店では使えない

バンドルカードのリアルカードを発行するとVisa加盟店で利用できます。

しかし、以下のようなお店では決済に利用できない場合があります。

・ガソリンスタンド
・宿泊施設
・公共料金などです。

気になる場合には事前に確認してから利用しましょう。

登録するにはSMS認証が必須

登録にはSMS認証が必須となっていることもデメリットになりえます。

ドコモ、au、ソフトバンクなど、大手キャリアを契約している場合にはSMS認証がついています。

しかし、格安SIMを利用している場合にはSMS認証がないケースもあります。

SMS認証ができないと登録ができません。

バンドルカードの申し込みの流れをチェック

・アプリをダウンロードする
・新規登録画面に進む
・ユーザーIDとパスワードを設定する
・生年月日、性別を選択する
・入力内容を確認
・利用規約への同意
・バンドルカード(バーチャル)が完了

リアルカード発行の流れ

・アプリ上のカードタブをタップ
・カード手続きのリアルカード発行をタップ
・カード種別や色を選択
・注意事項を確認して送付先を登録
・発行するボタンをタップ
・発行申請後、10日程度で登録された住所にカードが届く
・新しいカードを有効化するボタンをタップで手続き完了

バンドルカードの使い方!現金化までの流れ

・バンドルカードに使用金額をチャージします。
・Visaマークのあるお店でお買い物をします。

インターネットのお店の場合には以下の通りです。

アプリやプラスチックカードに記載されている16桁の番号を使うことで、インターネットのお店でも簡単にお買い物ができます。

・インターネットのお店で商品を選らぶ
・お支払い方法でカード払いを選択
・カード番号、有効期限、セキュリティコード、カードホルダー(名義人)を入力する
・支払い完了
・Amazonギフト券やAppleギフトカードを購入
・購入したギフトカードを買取サイトで売却し、現金化

リアルのお店で使用する場合には以下の通りです。

・レジにてカードを提示
・売上票に自分の名前をサイン
・売上票の控えを受け取る
・支払い完了

バンドルカードのよくある質問について

バンドルカードに審査はある?

いいえ、審査不要で使用が可能です。クレジットカードとは異なるサービスになります。

バンドルカードの支払い期限はいつ?

支払期限は利用した翌月の末日です。

バンドルカードは即日で使えるの?

はい、アプリをインストールするだけですぐに発行から利用できます。リアルカードの場合には届くまでに数日かかります。

バンドルカードの危険性は?

アプリをインストールしているスマートフォンやリアルカードを盗まれて不正利用されるリスクがあります。使った覚えのない利用ならば、すぐに運営会社に連絡しましょう。

バンドルカードはブラックは無理?

与信審査がありません。あと払いなどでは利用できない場合もありますが、使用は可能です。

バンドルカードはコンビニもイケる?

アプリによるバーチャルカードの場合、実店舗であるコンビニでの買い物には使えません。 リアルカードで使用ができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。バンドルカードはチャージ式なのでお金があれば利用可能になります。

チャージしておけばいざとうときにも現金なしでお買い物ができます。

しかも、年齢制限がありませんから、保護者も安心してバンドルカードをお子さんに持たせることが可能になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ギフト券買取は、近年利用者が増えているサービスですが、まだ知らない人も多いです。このサイトを通じて、ギフト券買取のメリットやデメリット、利用方法などを分かりやすく伝え、ユーザーの皆様が賢くギフト券買取を利用できるようサポートしていきたいと考えております。

コメント

コメントする

目次