LINE Payの後払いを使った現金化のやり方

LINE Payの後払いを使った現金化のやり方

LINE PayはLINEを利用した決済で、大手のQR決済の一角を占めています。

そんなLINE Payも後払い機能が採用されており、後払いでも支払いができるようになりました。

今回は、LINE Payの後払いについてその詳細を解説しましょう。

目次

LINE Payの後払いとは?詳細を解説

公式サイト:https://pay.line.me/portal/jp/main

クレジットカード必要(後払いを利用しない場合は不要)
支払い方法コンビニ払い、セブン銀行ATM、Famiポート、ネット銀行、口座引き落とし、クレジットカード
タイプチャージ
決済サービスクレジット、QRコード、オンライン支払い
後払い利用上限額LINE Cashが10万円、LINE Moneyが1日・1回30万円、1カ月では100万円
チャージ可能額LINE Cashが10万円、LINE Moneyが1日・1回30万円、1カ月では100万円
手数料1日最大 100 万円(本人確認済の場合)
支払い期日クレジットカードの支払日に準じる(翌月末など)
本人確認必要
利用形態バーコードやQRコード読み取り、オンライン支払、請求書支払

LINE Payの後払いは、チャージ&ペイと呼ばれる支払いサービスとして提供されています。

通常のLINE Payは事前のチャージによってチャージされていないと利用はできません。

しかし、LINE Payの後払いであるチャージ&ペイを設定することで、後払いが可能になります。

仕組みとしてはクレジットカードに請求された後、クレジットカードから口座引き落としがされる形で支払いが行われます。

チャージ残高を気にせず、気軽に利用できる後払いです。

LINE Payの後払いのメリット3選

LINE Payの後払いであるチャージ&ペイのメリットを3つ紹介しましょう。

LINEユーザーならそのまま申し込める

LINE PayはLINEのアプリを持っていればすぐに利用できる決済方法です。

さらに後払いであるチャージ&ペイは、アプリからそのまま利用する際に利用を申し込めるという気軽さもあります。

通常の後払いアプリの場合は、アプリのインストールやユーザー登録からスタートすることが多いので、LINEユーザーならそのまま後払いの設定を進めて利用できる点がスピーディーさと簡単さでメリットといえるでしょう。

ポイントを獲得可能

LINE Payでは基本的にチャージでのポイント還元はありませんが、LINE Payの後払いであるチャージ&ペイの場合は例外的にポイントが加算されます。

還元率は利用できる3つの手段、コード支払いをはじめオンライン支払い、請求書支払いすべて0.5%です。

この還元率は比較的高めの設定であり、LINE Payの先払いでは得られない大きなメリットといえるでしょう。

なお、肝心のポイントは設定したクレジットカードによって異なります。

LINE Payの公式カードのVisa LINE PayクレジットカードであればLINEポイントが加算され、他のカードでは各カードのポイントが加算される仕組みです。

利用内容がLINEに届く

利用内容がトークルームに届く仕組みになっているのもメリットです。

メールだとなかなか読まないことも多かったり、面倒だったりすることも少なくありません。

しかし、LINEに直接利用内容が届くのですぐに確認可能です。

これによって使いすぎを防いだり、計画的な利用が簡単になります。

LINE Payの後払いのデメリットや注意点

LINE Payの後払いは便利ですが、利用する前にデメリットや注意点も知っておきましょう。

通知が遅れてくることもある

LINEのトークルームへの通知は先ほど紹介したメリットですが、注意点としてオンラインショッピングやサブスクリプションン(サブスク)の利用料金の案内が遅れてくることもあります。

つまり、リアルタイムですぐにトークルームへ連絡が来ないケースもあるので注意して利用するようにしましょう。

ただ、この機能自体は不正利用があった場合、比較的すぐに、しかも分かりやすく通知が来るので気づきやすい機能でもあります。

万が一後払いが悪用されてもすぐにわかるでしょう。

対応しているクレジットカードが限られている

LINE Payの後払いに利用できるクレジットカードの種類は限られているので注意しましょう。

先ほど紹介したLINE Payの公式カードである「Visa LINE Payクレジットカード」と提携している三井住友カードによって発行された「Visa」ブランドのクレジットカードのみです。

三井住友カード発行のVisaブランドの対象カードは、提携・法人カードを含めて約180種類もあります。

しかし、人気の他社カード、例えば楽天カードやイオンカードといったユーザー数の多いカードは非対応なのがデメリットなのと、三井住友銀行が発行していてもANAカードは対応していないので注意が必要です。

別途設定が必要

LINE Payの後払いサービスは標準ですぐに利用できるわけではありません。

利用する前に別途設定をしなければならないのです。

この設定方法について、次の項目で解説しましょう。

LINE Payの後払いの申し込みの流れ2ステップ

LINE Payの後払い、チャージ&ペイはクレジットカード登録とチャージ&ペイ設定の2ステップで可能になります。

まず、NE Payアカウントにクレカを登録する手続きです。

最初にLINEのウォレットからLINE Payを選択、クレジットカードの登録をします。

ここで個人情報やカード番号などを入力し登録します。

ネット上でLINE Payが利用可能なカードかチェックされ、問題なければ追加されます。

次にLINEアプリの「ウォレット」からLINE Payコードを表示し、真ん中あたりにある「変更」の「お支払い方法を選択」から、先ほど登録したクレジットカードを選択することで後払いが可能になります。

通常の後払い以外の方法にしたい場合は支払い方法の選択で「残高」にすれば戻せます。

LINE Payの後払いの使い方!お買い物から支払い方法までをステップごとに解説

LINE Pay後払いの実際の使い方、支払いまでの流れをステップごとに解説しましょう。

そのステップは、チャージ&ペイの設定、買い物、コードを提示またはコードの読み取りで決済、後日クレジットカードの請求を支払うという3ステップの流れです。

まず、LINE Payの後払いであるLINE Payチャージ&ペイの設定を行います。

これで支払方法がクレジットカードになっていることを確認しましょう。

次に店舗へ行って買い物をします。

そしてレジでLINE Payのコードを提示してスキャンしてもらえば決済完了です。

お店によってはQRコードが設定されているので、そのコードをLINE Payの「コードリーダー」で読み取って決済すれば問題ありません。

補足としてオンラインの買い物の場合は設定がクレジットカードになっていればそのままLINE Payを選択すると決済可能です。

最後は後日クレジットカードから請求が来るので口座引き落としなどで支払いを行って決済完了です。

LINE Payの後払いのよくある質問6つの紹介

LINE Payの後払いに審査はありますか?

ありません。ただし、利用できるクレジットカードかどうかはチェックされます。

LINE Payの後払いの支払い期限は?

クレジットカードの支払期限に準じます。カード会社の多くは翌月末になります。

LINE Payの後払いは申し込みして即日で使えますか?

即日で使えます。ただし、クレジットカードの認証で若干時間がかかります。

LINE Payの後払いは危険ではないですか?

かなり安全と言えます。利用できるクレジットカードがLINE Payと親和性の高いカードや提携している一部のカードだけなので安全です。また、不正利用も早い段階でLINEの通知が来るので分かりやすいと言えます。

LINE Payの後払いはブラックでも使えますか?

残念ながら使えません。なぜならクレジットカードでの支払い方法になるため、ブラックでは利用できないからです。

LINE Payの後払いはコンビニでも使えますか?

可能です。通常のLINE Payと同じところで利用できるので、後払いだからと言って利用に支障が出ることはほとんどありません。

まとめ

LINE Payは後払いができるようになり、とても便利に利用できる決済に進化しています。

今回は、使い方や気になる疑問についての解説も行い、その魅力を紹介しました。

もし興味があれば、今回紹介した内容をもとにLINE Payの利用や後払いの申し込みを検討してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ギフト券買取は、近年利用者が増えているサービスですが、まだ知らない人も多いです。このサイトを通じて、ギフト券買取のメリットやデメリット、利用方法などを分かりやすく伝え、ユーザーの皆様が賢くギフト券買取を利用できるようサポートしていきたいと考えております。

コメント

コメントする

目次