ギフトアニマルは口コミがほとんどない?本当の換金率・振込みスピードとは

ギフトアニマルは口コミがほとんどない?本当の換金率・振込みスピードとは

ギフトアニマルはAmazonのギフト券などデジタルでの取り引きが可能なギフト券を専門に買取を行っているネット特化型の業者です。

この記事では、そんなネットアニマルの使い勝手や特徴などについて紹介していきましょう。

【ギフトアニマル】 公式ホームページ – 高買取率と最速振込はまさに買取業界の百獣の王
公式サイト:https://gift-animals.com/

目次

ギフトアニマルの基本情報

ギフトアニマル

社名株式会社PRISMWORLD
認可大阪府公安委員会 第621150153419号
所在地大阪府大阪市東淀川区東中島2丁目9-15
連絡先06-6585-0990
Emailなし
事業内容金券、チケット及び商品券の買取サービス
営業時間24時間

ギフトアニマルの特徴

取り扱っているカード

ギフトアニマルはAmazonギフト券の買取Appleギフトカードの買取、GooglePlayなどの有名どころをはじめとして、他にもDMMやmajicaギフトなど他ではあまり扱われていないものも売ることができ、その数は実に14種類となっています。

買取率は?

ギフトアニマルの買取率はカードの種類によって異なりますが、75%から95%と高めの水準になっています。

特徴的なのが買取の回数によって率に変動がある点で、おおむね初回から5回目までの利用では3%~5%ほど買取率が高く設定されています。

営業時間は?

ギフトアニマルは24時間365日受付が可能です。

祝日や深夜であっても取引が可能で、電話サポートも全日対応。

他にもLINEとフォームからの質問も受け付けており、困ったときのサポートも万全です。

手数料は必要?

ギフトアニマルでは振り込みに関しては、銀行によって手数料が必要となります。

具体的には三菱UFJ銀行と三井住友銀行、その他のネット系銀行が概ね無料である以外は、ゆうちょ銀行が100円、PayPay銀行とそれ以外の銀行が135円となっています。

買取に必要なものは?

ギフトアニマルでの取引で必要となるのは、連絡用のメールアドレスと振り込みのための銀行口座、それに身分証明書と買取をしてもらうカードのコード番号です。

身分証明書に関しては運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなどを使用することができます。

ギフトアニマルの口コミ評判

残念ながらTwitter(X)上では参考になる口コミを見つけることはできませんでした。

ギフトアニマルの情報を集めたサイトなどではソース不明の口コミをいくつか見ることができましたが、買取率や対応など比較的好意的なものが多かったです。

ただしソースが示されていないため、内容の真偽については不明です。

ギフトアニマルのメリット

初回から5回目までの買取率が高め

ギフトアニマルはAmazonギフト券などにおいては、初回から5回目までの買取に限り、買取率が高めに設定されています。

またLINEを登録することによってさらに買取率が上がるなど、6回目以降でも様々なキャンペーンが常に行われているので、他社に比べても高めに買い取って貰える傾向があります。

どこにするか迷った時の有力な候補の一つにすることができるでしょう。

カードタイプでも買取可能

スーパーやコンビニなどで買うことのできるカードタイプのギフト券は、不正に入手されたものも多いことから、買取を受け付けていないという業者も少なくありません。

しかしアニマルギフトであればカードタイプであっても買取が可能となっています。

ただしレシートがないものは買い取れないので、必ずレシートは取っておいて、捨てたりしないようにしましょう。

24時間受け付けてもらえる

ギフトアニマルはネットに特化した買取業者なので、実店舗のある業者のような営業時間が決まっていません。

24時間365日いつでも申し込みが可能なので、必要な時や思い立った時は休日・祝日であったり深夜などであっても申し込みができるのです。

わざわざお店の営業時間に合わせてスケジュールを立てる必要がないので、とても便利に利用することができます。

ギフトアニマルのデメリット

初回は10万円までしか受け付けていない

先に触れたように、ギフトアニマルは初回から5回目の利用までは買取額が高めに設定されています。

そのため初回のうちにできるだけたくさん買い取って貰いたいという人も多いかもしれませんが、初回の買取は10万円までという決まりがあります。

つまり買取額を高くできるのは最高でも10万円が上限ということは意識しておくことが必要です。

まだ比較的新しい業者

ギフトアニマルは2022年11月に運営が開始されたばかりのまだ新しいサービスです。

運営をしている株式会社PRISMWORLD自体は数多くの買取業者を手掛けているので信用できないということではありませんが、まだ利用者もそこまで多くないので、口コミなどで使い勝手をうかがい知ることも難しい状況にあります。

評判を見てから利用したいという方には難しい面もあるでしょう。

6回目以降は買取率が下がってしまう

ギフトアニマルはAmazonギフト券に関しては初回から5回目まで、またギフト券の種類によっては初回のみ、買取率が高めになるサービスを提供しています。

しかしこれは逆に言えば6回目以降、もしくは2回目以降には買取率が下がってしまうということでもあります。

その差はそこまで大きくないとはいえ、やはり買取率が下がってしまうのは気になるところです。

ギフトアニマルの利用方法

1.公式サイトにアクセスする
ギフトアニマルの申し込みは公式サイトか、公式LINEから行います。
まずは申し込みフォームに氏名や住所、銀行口座など必要事項を書き込んで、初回の場合には「初回」を選択します。

2.初回の場合には本人確認をする
初回の場合のみ本人確認が必要となります。
免許証などの身分証明書をスマホで撮影し、所定の場所にその画像をアップロードします。

3.コード番号を入力する
個人情報を入力したら、次は買い取ってもらうギフト券のコード番号を入力し、確認。
買取価格など問題がなければ決定して、申し込み終了です。

4.完了メールを受信
申し込みが終わると、ギフトアニマル側から返信メールが自動的に送信されます。
受付が完了したら、あとは振り込みを待つのみです。

5.振り込みを確認
査定が終了したら指定した口座に買取額が振り込まれます。

ギフトアニマルの注意点

買取率は利用回数によって異なる

ギフトアニマルの基本的な買取率は利用した回数によって変動します。

Amazonギフト券やiTunesなどでは初回から5枚目の利用まで、また種類によって初回のみお得な買取率に設定されており、それより後の買取率は下げられるので、前回を参考にして利用してみたら思ったより低かったということもあるので注意しましょう。

振込手数料は自己負担

ギフトアニマルではネット銀行を中心として契約している一部の銀行では、振込手数料が無料となっていますが、ゆうちょ銀行やPayPay銀行などでは100円から135円の手数料が必要となります。

もしも手数料も取られたくないという場合には、手数料が無料になる銀行を確認して、もしもそこの口座を持っている場合にはそちらを利用するようにしましょう。

振り込みまでの時間は状況によって変わる

ギフトアニマルでは最短で申し込み後から5分という驚異的な速さで振り込みがされますが、その時間は確実に保証されているものではありません。

曜日や時間帯、申し込みの混雑具合によってはもっと時間がかかる場合もあり、また振込先の銀行の営業時間によっても振り込みが反映される時間に違いが生じます。

なので必ずしもすぐに現金が振り込まれるわけではないということは理解しておきましょう。

よくある質問Q&A

Q:ギフト券の種類はどれでも買取できますか?
A:扱っているのはAmazonギフト券やiTunesカードなど全部で14種類です。それ以外は買取ができません。

Q:ギフト券の金額はいくらから買取できますか?
A:最低金額は1,000円からです。

Q:ギフト券の状態が悪くても買取できますか?
A:デジタル上で処理しているので、番号さえ読み取り可能であれば問題ありません。

Q:買取金額はいつ入金されますか?
A:最短で申し込み後から5分ですが、時間帯や混雑状況によって変わります。

Q:買取手数料はかかりますか?
A:かかりません。

Q:振り込んでもらう際の銀行口座は本人以外でもできますか?
A:本人以外の名義の銀行口座では申し込みは受け付けていません。

Q:申し込み後のキャンセルはできますか?
A:コード番号を送信後のキャンセルはできません。

まとめ

ギフトアニマルはAmazonギフト券をはじめとする14種類のギフト券を扱っている買取業者です。

24時間365日利用することができ、休日や深夜でも取引が可能です。

買取率が高くなるサービスも提供されているので、高く買い取って貰いたいという人におすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ギフト券買取は、近年利用者が増えているサービスですが、まだ知らない人も多いです。このサイトを通じて、ギフト券買取のメリットやデメリット、利用方法などを分かりやすく伝え、ユーザーの皆様が賢くギフト券買取を利用できるようサポートしていきたいと考えております。

コメント

コメントする

目次