クレジットカード現金化の裏ワザ!知恵袋にはないけど5つある

クレジットカード現金化の裏ワザ!知恵袋にはないけど5つある

クレジットカード現金化に関して一番気になるポイントがカード会社に発覚するリスクでしょう。

この記事では、カード会社に発覚しないようにクレジットカード現金化する裏ワザについて詳しく解説します。

目次

クレジットカード現金化の裏ワザ5選!カード会社に発覚しにくい方法

現金化の裏ワザ①:正規のお店から購入するとリスクが下がる

現金化業者を利用せずに、普通の買い物と同様にお店で商品を購入し、買った商品を売却するとのは、カード会社に現金化行為が発覚しにくいという特徴があります。

これは、一般的な用途でのクレジットカードの利用と比較した際に、客観的な区別がつきにくいというのが大きな要因です。

そのため、カード会社への発覚への可能性が低くなる手段としては、正規の業者のみを利用して売買を行うというのがポイントになります。

現金化の裏ワザ②:ギフト券買取サイトを使った方法も現金化が発覚しにくい

Amazonギフト券やAppleギフト(iTunesカード)などの買取サイトを使った現金化も発覚する可能性が低いと言われています。

これは、スマホゲームやアプリに対して、毎月数万円以上の課金を行っている人が珍しくないことが要因になります。

つまり、これらの人と、現金化のためにAppleギフトカード(iTunesカード)などスマホアプリ系のカードを大量購入している人の区別が、客観的につきにくいというのが発覚しにくい理由です。

Appleギフトカード(iTunesカード)を即日現金化する方法はこちら

現金化の裏ワザ③:後払いアプリを使った現金化

後払いアプリを利用することで、クレジットカードを使わずに現金を調達する方法です。

仕組みは、後払いアプリで商品やサービスを購入し、その代金を後日支払うというものです。

後払いアプリは、クレジットカード会社や信販会社などの金融機関が運営しているため、比較的安全であると言えます。ただし、後払いアプリを利用するには、審査があり、審査に通らないと利用できません。また、利用限度額が決まっており、限度額を超えて利用することはできません。

専門の業者も増えているので後払いアプリの審査をクリアできれば、あとは後払い現金化業者に丸投げするだけなので手間もかかりません。

現金化の裏ワザ④:新幹線の回数券も発覚しにくい

新幹線の回数券も、現金化が発覚しにくい特徴があります。

新幹線の回数券は、出張が頻繁にある人であれば、一度に大量の回数券を購入するのも珍しくありません。

これも、ここまで述べた発覚しにくい商品の特徴と同様に、新幹線の回数券は大量購入したとしても、現金化行為目的とそれ以外とで客観的区別がつかないというのがポイントとなっています

現金化の裏ワザ⑤:スマホやゲーム機の買取も発覚しにくい

スマホやゲーム機を購入して買取してもらう方法も現金化目的であると発覚しにくい特徴があります。

ゲーム機やスマホは商品の単価そのものが高く、現金化行為にもよく利用されているのが特徴です。

しかし、そもそもスマホやゲーム機を何台かクレジットカードで購入したところで、客観的には現金化目的なのか趣味・娯楽としての浪費なのか判別するのは不可能に近いといってよいでしょう。

そのため、スマホ・ゲーム機もクレジットカード現金化が発覚するおそれの少ない商品であると言えます。

大前提としてクレジットカード現金化はNG

まずは大前提として、クレジットカード現金化はやってはいけません。

クレジットカード現金化は違法じゃないが危険!やってはいけない理由!リスクと注意点でも解説しているとおり、クレジットカードを利用した現金化行為はカード会社の規約違反に当たり、規約違反が発覚すると利用停止措置や強制退会のペナルティを受けることになるので、注意が必要です。

また、現金化業者を利用すると必ず手数料が必要となるので、換金率が100%になることはありえません。

そのため、毎月現金化を行っていると、結果としては損失が広がってしまうことにもなるのです。

業者を使うと発覚しやすいので自分で行う

クレジットカード現金化業者は、現金化行為がカード会社に発覚しやすいというリスクがあるので注意が必要です。

現金化業者が現金と引き換えに購入させている商品は、一般的に無価値な商品が多く、そのためカード決済システム会社からも目を付けられる可能性があります。

それにより、業者が決済停止に追い込まれると、当該業者を使っていた現金化業者ユーザーにも目を向けられることとなるでしょう。

そうすると、最終的には現金化行為を行っていた可能性が高いと判断され、規約違反としてクレジットカードが利用停止にされてしまうことになります。

クレジットカード現金化がバレたときの対処法!疑われた時の言い訳

このように、クレジットカード現金化業者を利用すると、利用規約違反が発覚するリスクは一気に上がってしまうのです。

現金化が発覚するかどうかの境界線は正規店かどうか

ここまで解説してきた内容を見てみると、カード会社に発覚しやすいか・しにくいかの境目は、『正規店を利用して売買を行っていたか』というのが重要なポイントになっているのがわかるかと思います。

つまり、正規のお店から商品を購入し、正規ルートで売却することで、現金化業者の決済システムを一切使わずに現金化することが可能です。

この場合、客観的に現金化目的であったかどうかの判別は困難になります。

したがって、正規を利用していたかどうかが、現金化におけるリスクの最も重要なポイントです。

クレジットカード現金化は後悔する可能性が高い!失敗した体験談を紹介

リスクを考えればクレジットカード現金化はNG

以上のように、クレジットカード現金化でも手段によっては規約違反が発覚しにくい方法もあります。

しかし、大前提として規約違反であり、発覚してもしなくても行為そのものにリスクとデメリットが多いのが特徴です。

そのため、クレジットカード現金化は行わないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ギフト券買取は、近年利用者が増えているサービスですが、まだ知らない人も多いです。このサイトを通じて、ギフト券買取のメリットやデメリット、利用方法などを分かりやすく伝え、ユーザーの皆様が賢くギフト券買取を利用できるようサポートしていきたいと考えております。

コメント

コメントする

目次