クレジットカード現金化の違法性!リスクや危険性

クレジットカード現金化の違法性!リスクや危険性

現金が必要になった際に、クレジットカード現金化を利用してみたいものの、そのリスクが気になっているという方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、クレジットカード現金化をやってはいけない理由とリスクについて、詳しく解説します。

目次

そもそもクレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、様々な事情で現金が必要になった際に、クレジットカードの『ショッピング枠』を利用することによって現金を調達する方法になります。

クレジットカードを所有している方でないと利用できない方法ではありますが、保有している方であれば手軽に現金化が可能です。

この手軽さは、急ぎの要件の際に強みを発揮します。

そのため、急な事情で期日までに現金が必要になったという方には、メリットが大きいのが特徴です。

Amazonギフト券買取は違法ではないが危険!リスクと注意点

クレジットカード現金化は違法ではないが、認められた方法ではない

大前提として、クレジットカード現金化行為は明確に違法とはされていません。

その理由として、一般的な用途でのクレジットカードを利用した買い物と、現金化目的の使用を法律で明確に区別するのは難しく、そのためグレーゾーンとされているのが現状です。

安全にクレジットカード現金化する裏ワザもありますが、カード会社は現金化行為を利用規約で禁じており、もしクレジットカード現金化がバレた場合は利用規約違反となってしまいます。

クレジットカードの現金化は現行の法律に反していないとはいえ、 金融庁も認めていません。

https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/knowledge/cash_illegal.jsp

その際は、カード会社から利用停止や強制退会のペナルティを受けることになりますので、注意が必要です。

クレジットカードの現金化は絶対にやめましょう!~警視庁が現金化業者を摘発~

クレジットカード現金化業者の具体的な仕組み

シンプルな買取り方式

買取り方式は、クレジットカード現金化の形式として最もよく見られる方式です。

その仕組みは非常にシンプルで、まず現金化業者から指定された商品をクレジットカードで購入します。

その後、購入した商品を現金化業者に買い取ってもらい、現金を調達するという形式です。

以上のように現金化に至るまでの仕組みが非常にシンプルで、現金に換金するプロセスが利用者にもわかりやすいのが、買取り方式の特徴となっています。

やや複雑なキャッシュバック方式

シンプルな買取り方式に対し、やや現金化までの過程が変則的な仕組みがキャッシュバック方式です。

こちらは買取式と違い、現金化業者から直接商品をクレジットカードで購入します。

そのキャッシュバックとして現金化業者から現金を受け取り、結果としてクレジットカードで支払った代金を現金に換金するというのが、キャッシュバック方式の仕組みです。

クレジットカード現金化によるリスク・危険性

規約違反により、利用停止・強制退会・一括返済のリスク

上の項目でも述べた通り、クレジットカード現金化は法律で明確に禁止されてはいないものの、カード会社の利用規約違反には該当します。

そのため、ペナルティとしてカードの利用停止措置や、強制退会などのリスクがあることを知っておく必要があるのです。

また、強制退会によって借り入れしていた利用料金の一括返済を求められるケースもあり、こちらも大きなリスクと言えるでしょう。

手数料・金利が高額になり、結果として大損をするリスクがある

クレジットカード現金化業者中には、手数料の名目で法外な金利を取り、現金化を行っている業者も存在します。

クレジットカード現金化は、例え悪質な業者を利用しなかったとしても、元の購入金額に対して換金率100%の現金を得ることは不可能なサービスです。

それに加えて、法外な手数料で高額な金利を要求する業者を利用してしまうと、結果としてさらに損失が広がってしまいます。

これも、クレジットカード現金化のリスクと言えるでしょう。

悪徳業者による詐欺や犯罪に巻き込まれることも

クレジットカード現金化業者には悪質なクレジットカード現金化業者が存在することは述べましたが、手数料・金利などが悪質なケースはもちろん、もっと直接的な『犯罪』『詐欺』に巻き込まれてしまうというリスクもあるのです。

例えば、現金化を行う手続きを済ませ、後は振り込まれるのを待つだけという段階で現金が振り込まれず、業者とも連絡もつかなくなったという事例が存在します。

また、違法な商品を購入させられたというケースもあり、このよう犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるのも、クレジットカード現金化のリスクです。

業者を使わず自分でクレジットカード現金化する方法&おすすめの商品

個人情報を悪用されるケースも

悪質なクレジットカード現金化業者を利用することで、個人情報を悪用されるリスクも生じます。

業者に渡した自分の個人情報やカード情報が、悪徳業者のネットワークで共有されることにより、不正利用されてしまうなどの可能性があるのです。

また、個人情報が犯罪に転用されてしまうリスクも生じるなど、一度個人情報が悪用されてしまうと、そのリスクは広範囲にまで広がってしまいます。

これも、クレジットカード現金化によって生じるおそれのあるリスクです。

自己破産ができなくなる可能性も

クレジットカード現金化のリスクとしてもう一つ挙げられるのが、自己破産ができなくなってしまうというリスクです。

自己破産などの債務整理を行う際は、裁判所によって免責が認められることにより可能になります。

しかし、クレジットカード現金化行為は、自己破産を行うための免責決定が認められない『免責不許可事由』に該当すると解釈されているのです。

そのため、クレジットカード現金化を行うと、裁判所から免責決定が下りず、自己破産ができなくなってしまう可能性があります。

クレジットカード現金化以外にお金を調達する方法は?

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードのキャッシング枠で、利用しているカード会社から一定金額を借り入れすることが可能です。

もちろん借入先はクレジットカード会社なので、正規の手段での現金調達方法となります。

また、即日での融資も可能なので、急な現金が必要になった際にも利用可能です。

銀行カードローンなどの活用

銀行などの金融機関からお金を借り入れるのも、正規の現金調達方法としておすすめです。

例えば、銀行のカードローンであれば、比較的手続きが簡単で金利が低い傾向にあり、何より借入先としても安心と言えるでしょう。

そのため、こちらもクレジットカード現金化よりおすすめの現金調達方法になります。

クレジットカード現金化にはリスクがある

以上、クレジットカード現金化をやってはいけない理由について解説しました。

おさらいをすると

  • お金を借りるよりも高額な手数料を払う必要がある
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 犯罪に巻き込まれる可能性がある

クレジットカード現金化は、クレジットカードで商品やサービスを購入して、現金をもらうことです。しかし、その手数料は10~30%と高額です。例えば、1万円を現金化すると、手数料で3000円かかることになります。

また、クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の規約違反です。カード会社にバレると、クレジットカードが使えなくなる可能性があります。

さらに、クレジットカード現金化業者の中には、悪徳業者もいます。個人情報を盗まれたり、詐欺に遭ったりする危険性もあります。

もし、お金に困ったら、カードローンやアルバイトなどの正規の方法でお金を手に入れましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ギフト券買取は、近年利用者が増えているサービスですが、まだ知らない人も多いです。このサイトを通じて、ギフト券買取のメリットやデメリット、利用方法などを分かりやすく伝え、ユーザーの皆様が賢くギフト券買取を利用できるようサポートしていきたいと考えております。

コメント

コメントする

目次